糖 質 カット お茶

お茶で糖質カットはされるのか?

お茶で糖質カットがされるかどうかというのが最近の話題となっています。
これはどういったことなのか?考えてみますと、お茶の中に含まれるカテキンと言う成分が糖質に対しての作用しているようです。

 

では糖質に対してどのような作用しているのか、この部分を考えてみましょう。
カテキンとはそもそも糖質の分解させる作用を邪魔する役目を持っています。
分解を邪魔するという事は細かく分解するところを、目を荒く分解するということになります。そうすることで私たちの体の糖質を吸収するという作用を邪魔するのです。
これは糖質を吸収するときに細かく分解されていないと私たちの体はその成分を吸収しづらくなります。
そのため目が粗い成分については九州が促されないのでそのまま排泄されてしまいます。カテキンはその糖質を荒く分解するので結果的に糖質の吸収を邪魔することになります。

 

では、なぜ脂肪燃焼などとうたわれることがあるのでしょうか。
これには糖質を吸収させないことの結論にあるのです。よく考えてみてください、糖質の吸収させないと言う事はいつも通りのエネルギーを吸収できないと言うことになります。エネルギーを吸収できないと言う事は、体の中のエネルギーを使うということになります。そのため体の中のエネルギーと言うのが脂肪使うと言うことになりますので、結果的に痩せていくあるいは脂肪燃焼をされていくということになるのです。

 

そのため掛け金を多く含むお茶を飲むということで痩せると思ってしまってはいけません。あくまで糖質の吸収を邪魔するというところで効果は終わります。なので、お茶を飲んでいれば痩せるからたくさん食べても良いと言うことになってしまうと、結果的にいつもよりも食べ過ぎになってしまって糖質を多く取ったりカロリーオーバーになってしまって、逆に太っていってしまうそういった恐れがあるです。