糖質カットサプリメントでダイエット補強をして痩せよう

ダイエット中のご褒美で糖質をとってしまう事や、取りたくなることってありますよね?
もちろん、ダイエット中の糖質摂取は厳禁です。しかし、がんばったご褒美や、たまの息抜きもないとストレスが溜まってしまい、かえってリバウンドやドカ食いの原因となってしまいます。そんな方にダイエット中でも無理せず、たまのご褒美の後に糖質カット系のサプリの効果をご紹介いたします。サプリで100%のカットは正直、難しいですが、少なからず努力を水の泡にはしないサプリがありますので、一度体験してみるのもダイエットを長続きさせる秘訣になるかもしれません。

 

ダイエットサプリの種類は?

ダイエットサプリは期待される効果に大きく分けて糖質カット系サプリ・脂肪燃焼系サプリ・満腹感系サプリの3種類あるいます。
どれも基本的には食前に飲む事でダイエットサポートをしていくものが多くあります。
では、どういったものが自分に適してしていて効果を発揮しやすいのか?その点について掘り下げていきます。

 

まずは、糖質カット系サプリですが、糖質カットとは具体的にどの様に作用するのか?
きになりますよね?
例えば、食前にサプリを飲む事で、食事をした内容の糖質だけを吸収しないようにするのか?はたまた糖質だけを取り除く作用があるのか?
疑問が残ります。
この、糖質カット系サプリは主に、糖質の吸収をブロックする成分を多く含むサプリが一般的にあります。
食前に糖質カットのサプリメントを飲む事で、サプリに含まれる糖質の吸収を抑える成分が働き、食事した内容に含まれる糖質をカットする役割おもっています。
その為、糖質をなるべくカットするのであって、カロリーをカットするものではないので、あまり食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーとなってしまう事に変わりはないようですね。

 

この糖質カット系のサプリはなぜ糖質のカットであって、カロリーのカットにしないのか?この点も疑問に思う方も多いと思います。
この糖質とカロリーは全く別のものなのです。
カロリーはあくまで、食事による摂取エネルギーという考え方であり、人が動くのに必要なエネルギーの値としての表現値ですね。
なのでダイエットにおいてよく比べる為の表現としては、摂取カロリーと消費カロリーのような表現がよくあります。
ダイエットにおける基本的な考え方として、食事による摂取カロリーを運動による消費カロリーが上回れば体はそれに応じて痩せていくき、食事による摂取カロリーを運動による消費カロリーが下回ればその分太っていくという仕組みです。
これがダイエットにおいてのカロリーについての基礎知識ですね。
これに対して、糖質とは全く別のお話しで、糖質は単純に成分です。体に脂肪が蓄えられる理由はいくつかありますが、特にこの糖質はエネルギーに変換されるスピードが速く、体脂肪になるスピードも速い成分なのです。
その為、最近のダイエットでは、カロリーや食事量を抑えるよりもいかにこの糖質を抑えるかが重要なポイントとされているかという事がよく書かれています。
糖質は脂肪になる悪者の様に感じますが、糖質自体は体の大切なエネルギーとして働いてくれるので必要な栄養素でもあります。
特に栄養のお話をsると、体に必要な栄養素として、三大栄養素が上げられ、糖質・脂質・タンパク質と糖質が重要な役割を果たす事で知られています。
では、この重要な糖質をわざわざサプリメントで糖質カットをしても大丈夫なのか?というお話しになりますが、結論からもうしあげますと大丈夫です。

 

まず、糖質の役割ですが先ほども説明したとおり、体を動かすエネルギーですが、この糖質は摂取するとブドウ糖となって運動している時の原動力となります。
また、運動後の疲労回復にも役立ち、脳や内臓などもこの糖質を原動力として働いてくれています。
その他mえ、スポーツをした後の運動疲れや、仕事や勉強をした後の脳疲労の直後はエネルギー補給のため、甘いものがほしくなる事があります。
この時に糖質を欲して、エネルギー補給をしようとしているのです。
しかし、気をつけなければいけない事があり、この糖質補給をし過ぎると、余った糖質は全て体の脂肪に変換されてしまうのです。
例えば、ダイエットを始めた事により、トレーニングをいて疲れたため糖質を欲して摂ってしまって結果ふ、気づかないうちに普段よりも糖質を摂取していて運動で消費した分のエネルギーまで糖質を補給したため、なかなか痩せないという方もいます。
そのくらい糖質とういうのは脂肪に変わりやすいという性質を持っています。
また、ダイエット方法によっては糖質制限ダイエットなどもあります。
これは主に糖質を多く含む炭水化物であるお米・麺類・パンや間食としてお菓子などをカットする事で糖質を摂らない様にする方法です。
この方法では糖質がなくなり、エネルギー不足でいづれ体が動かなくなるのじゃないか?と思われますが、この時に糖質によって蓄えられた脂肪を分解して糖質の代わりに体のエネルギーとして使っていく効果を利用したものが糖質カットダイエットです。
しかし、糖質カットダイエットについては、人により体調不良になってしまう場合も考えられますし、何よりも大好きな糖質を全てカットを続けられるのか?という大きな壁gあります。
もちろん、ダイエットには適度な食事制限は必要なので、ダイエット中もガツガツと糖質をたくさんとっても良いというのは基本的に存在しません。

 

そこで、糖質カット系のサプリメントの登場です。
糖質カット系のサプリメントは食前に飲んでおくことで含まれている成分から、食事によって摂取し糖分の吸収をブロックしていく事が主な働きです。
ですが、注意しなければいけないのは、糖質カットをしてくれるサプリメントだからといって、いつも以上に糖質を摂ってしまうことです。
これは、普段と同じ量の糖質であれば、普段よりも糖質の吸収を抑えてくれますが、糖質カットだからといって、普段よりも糖質を摂り過ぎると、結果いつもと同じくらいの糖質を吸収しているため、体重が減らないといった結果になってしまう可能性が大きくあります。
やはり糖質カットといっても糖質の吸収を抑える効果はありますが、糖質を体に摂る以上は体は自然的に生きる為にエネルギーを吸収しようと糖質を摂り込む働きを止める事はできません。
その為、糖質カット系のサプリをのんでいたとしても、食事内容の改善もダイエットである以上は必要となりますので、注意していきましょう。

 

脂肪燃焼系サプリメントについて
脂肪燃焼系サプリメントは厳密に言いますと、脂肪を直接的に燃焼させる訳ではなく、脂肪燃焼をサポートするサプリメントです。
その為、サプリメントを飲むだけで痩せるというだけでは難しく、実際は運動前に飲んで、カラダの新陳代謝に伴いサプリメントの成分で脂肪燃焼をサポートしていく事が必要となります。
ここは、先ほどの糖質カット系サプリメントとは大きく違うポイントですね。
糖質カット系は食事による効果を促し、脂肪燃焼系は、運動による脂肪燃焼の効果を促していくのです。
脂肪燃焼系サプリメントの場合は、食事よりも運動による効果なので、先ほども触れているダイエットの基本として、基礎代謝が高いほど、より効果的な成果を上げることができます。
例えば、筋肉量が少ない人よりも、筋肉量が多い人の方がエネルギー消費量が多いので、その分、サプリメントの効果も幅広く発揮できますね。

 

もちろん、食生活も注意しておかなければいけません。
この食生活も、運動とサプリメントで脂肪燃焼ができるからと、カロリーの高いものばかりを食べていたり、糖質の多いお菓子ばかりを食べていては、摂取カロリーが消費カロリーを上まわってしまい、脂肪を付け続けてしまいます。

 

運動をしながら、サプリメントを効果的に使いながら、食生活にも気をつけてダイエットを実践して行きましょう。

 

満腹感系サプリメントですが、これは食前に飲む事によって満腹感を与える事で食事量減っていくという種類のものです。
ではどのように満腹感を満たすのか?というところですが、サプリメントに含まれている成分が胃の中で膨らんで満腹感を感じさせるといったものになります。
そのため、気をつけなければいけないのは、糖質カットや脂肪燃焼系ではないので、摂った栄養はダイレクトに吸収してしまいますし、運動などのトレーニング効果もやった分の効果しか出ないという事と、満腹感に慣れてしまった場合は、さらに食事量が増えてしまうという事です。
その為、ダイエットの初期段階のうちは満腹感のある良い効果が期待できますが、ある程度慣れが出てくると、満腹感に慣れて更に食事量が増えてしまう可能性があります。
ダイエットに慣れるまでのあいだに自分に必要な食事量や栄養の内容を知っておき、トレーニングなどで調整したうえでダイエットを実行していった方が、目標を達成した後の商生活や生活習慣に繋げやすいので自分に合うダイエット方法を探すようにした方が良いでしょう。

 

生活習慣と食生活の注意点

生活習慣と食生活の注意点として、代表的なものをいくつか挙げておきます。
まずは、食事の量についてです。
基本的にダイエット中の食事量は、腹6分目にしておくと良いでしょう。
これには理由がありまして、まずお腹いっぱいまで食べてしまうと、消化に時間がかかるのと、栄養過多で肥満の原因となる可能性があります。
もちろん、お腹いっぱいの感覚は人により違います。
強いていうなら、お腹がはち切れそうなくらいの量で、動けないくらい食べたときの量としておきます。

 

明らかに食べ過ぎではありますが、実際は食べ過ぎると何がいけないのか?という疑問点があります。
もちろん、食事内容にもよるところがありますが、例えば時間帯でいうと朝食の時間にたくさん食べた場合は、朝は排泄の時間帯とされていて、まだ内臓が寝ている状態のため消化がなかなか進みません。
そうなると、カラダの中の消化を助ける酵素などの成分が無駄遣いされていき、結果的にカラダの脂肪を燃焼させるための力を失ってしまうのです。
これは、消化酵素と代謝酵素の関係性による話しなのですが、これにより朝食はあまり取らない方が良いとされています。

 

もし、朝食を多く摂りたい場合は消化に良いスムージーなどに置きかえて満腹感を得る様に摂取していくと良いでしょう。
※おすすめのスムージーダイエットでリバウンドをしないサイトはこちらです。

 

昼食はたくさん食べても良いですが、炭水化物による糖質などを一気に摂ってしまうと、血糖値が急上昇してインスリンが分泌され肥満の原因となってしまます。
その為、食事の際は野菜などが口にすると肥満を抑えられると言われています。
また、夕食は食べ過ぎると寝ている間が日中に食事をした吸収をする時間帯となるので、あまり食べ過ぎると消化に力を使ってしまって、胃腸の消化疲れにより翌日の胃もたれなどを起こしてしまうので気をつけましょう。

 

こういった一日の食事内容から、糖質を一気に摂り過ぎない事や消化に負担をかけ過ぎない事からドカ食いや偏った食事をしない様に注意する為にも腹六分目くらいが良いと言われています。
また、一般的に腹八分目が良いと言われていますが、これはダイエットをしていない人の通常の食事量で。
ダイエットをしている場合は、どうやってもいつもより食事量を減らしたり、薄味にいしたり、間食を減らしたりしなければいけない関係から、腹八分目よりも腹六分目くらいを目標にしてちょうど良い食事量と言えるようになるでしょう。
また、あまりにも空腹になってしまう場合は、満腹感系サプリで補強してみたり、肥満に作用しいにくいスムージーなどを摂りいれてみるのも一つの方法です。

 

食事意外に生活習慣による内容は、特に睡眠時間に気をつけていきましょう。
糖質カットサプリなどを使ってダイエットをしてみても睡眠からくる生活習慣の乱れというのは大きく影響されてしまいます。
まず、睡眠は6〜8時間は基本的にとって、体の代謝が高まる22:00〜2:00は熟睡できている事がベストです。
その為、遅くても0:00には布団に入っていると良いでしょう。
この22:00〜2:00の時間帯がポイントで睡眠をしている際にこの時間帯に寝ているのと寝ていないのでは起きた時の疲れやスッキリ感が大分変わってきてしまいます。
その為、この時間には睡眠を充分にとって、ダイエットに効果を発揮させていきましょう。

 

こうした、基本的な食生活と生活習慣を行い、糖質カットサプリメントなどでダイエットを補強していけば、通常よりも痩せいく事ができるでしょう。